気に入らん!

気に入らん!

かなーり間が空いてしまった上に、どうにも外観がおかしな事になっていて修正が出来ていないのだが
どうしても気に入らん事があったので投稿してみる。

絵本作家の「のぶみさん」が作詞した歌の歌詞に関して、賛否両論あるという話しを
この作家さんが好きな妻から聞いてはいた。

この作家さん、妻だけではなく子供達も好きでウチにも絵本が沢山ある。
とはいえ、それほど興味があるわけでも無いので
「へーそうなの」程度にしか思っていなかったわけだが・・・

気に入らん!

何がって?

賛否両論が出るのは仕方がないとは思うのだが、

きちんと詩の内容を読んでいる?

という反論が多く、便乗するような手合いの事までネットニュースに取り上げられている事が気に入らん!

便乗している人!ちゃんと読んでる?理解している?

何を訴えたいのかを考えてる?

あのね・・・歌っている人は、あの人なんだよ?

よく考えようね?批判しているような事ならイメージを考えてても嫌がるでしょうに・・・・

この詩、きちんと読んでいれば「母親の苦労話」ではなく

「苦労などもあるけど、産まれてきた子供に会えたことの幸せ」を伝える生命賛歌なのだが?

というかね・・・

こんなもの結婚式で母親のコメントとかで同じような事を話すじゃないか!

って話しかと思うのだが?

もっと言ってしまうなら、

のぶみさんは、子供大好きですよ?

このかたの絵本に登場する子供は、彼の子供をモデルにしているのですが?

新しい絵本を書いたら、原稿の段階で読み聞かせをして子供たち(一般のかた)の反応をみて

「より子供たちに楽しんで貰いたい」と修正してみたりするかたですが?

私も、妻に連れられて何度かお会いした事がありますが、

初めて会った時にビックリしたのが

絵本にサインをしてくれる時に添える名前を「XXXくんだったよね?」

「前回も来てくれたね?ありがとう」と言ってウチの子供たちの事を覚えていてくれていた。

そんな人が、子供たちをないがしろにするのだろうか?

妻の苦労を知らないと思うのだろうか?

この人の有名なエピソードに

絵本が好きな奥さん(当時は気のある人)にアピールする為に

絵本を書いたのがキッカケで、今や絵本作家という話しがある。

そんな人が、批判されているような話しになるような事になるのだろうか?

根本的に詩の内容と訴えたい事を勘違いした批判記事が多すぎて、

しかもそれに悪ノリや便乗した程度の低い人をメディアが騒ぐという

単なる便乗した炎上商売だよね?

某お笑い芸人が炎上商法って槍玉に上がるが・・・

炎上商法に便乗する人と煽るメディアの方が悪くないか?

と、非常に気に入らん!!!!!!

そして!もう一度!

この「のぶみさん」の詩は

子供の誕生を祝う「生命賛歌」だ

というのが私の感想だ!

まだデータがありません。