初心者でもわかるアドセンス審査・合格までの道のり 〜審査コード埋め込み〜

アドセンス審査の流れ 〜頑張れ初心者 HTML編集だ〜

これの続きです。

アドセンス審査の流れ 〜頑張れ初心者〜
アドセンス審査の流れ 〜頑張れ初心者〜
初心者が躓きやすい箇所を重点に、Googleアドセンス審査に合格するまでのポイントと対応をゆる〜く説明して行きます。 まずは申請です。

審査用のコードをブログサイトに埋め込む必要があります。

スポンサーリンク



コードのコピー

こんな画面になるはず。

「コードのコピー」を押して、審査用の埋め込みコードをコピーします。

この段階になっていると、審査に使ったgmailにもコードを埋め込む旨の連絡があります。

こんなメールが来ます・・・たまに来ないという話しも聞くのだが・・・

メールが来なくても、アドセンスのサイトにログインをすればコードの記載のあるページが表示されます。

注意!情報が古いサイトの説明では「広告コード」を作って埋め込むと記載されていますが、現在は「審査用のコード」を埋め込むようになっています。このコードはサイト上には何も表示されません

埋め込み

さて、先の通り「審査用のコード」をコピーしたら、指示の通りに埋め込む必要があります。

当サイト(toybox)は「wordpress」での作業を前提としていますので、それ以外の場合は随時、読み換えるなりしてください。

ここで問題というよりも、大体、詰まっているのを見かけるのが、

<head></head> の間にコードを挿入する

これがわからない・・・というか<head>ってなんだよ・・・って人が多い。

正直に言って、Googleとしては、これが出来ないとか調べられない人のサイトは審査すら不要というスタンスなのだろう。

要は審査を受ける資格があるかを確認しているのだ・・・だって、これ出来ない程度だと、審査に合格しても広告コードの埋め込みなども出来ないだろうし、サイトのアクセス数も期待出来ない可能性が高くなってしまう。

(SEO対策?クローラー?って状態じゃダメだろうし・・・)

さて本題だ。

<head> だが、使っているテーマによって、少々、異なる対応になる。

まずは、共通の箇所から・・・

この「テーマの編集」を選ぶと、次のような画面が出てくる。

これは「style.css」というファイル(データ)を表示している状態だ。

※編集されているので「Simplicity2 child」のデフォルトの状態ではないです

ここから分岐する。

<head>があるのは、通常は「header.php」というファイルだ。

テーマが「Twenty Sixteen」の場合

テーマヘッダー (header.php)という項目が右の方に表示されているはず。

これを編集していく。

赤枠で囲んだ所、吹き出しの差しているあたりに<head>があるのがわかるでしょうか?

この<head>以下と、その下の方にある</head>の間に「審査用のコード」を差し込みます。

余計な事をするとテーマが壊れるので、安全の為に</head>の上の行<?php wp_head(); ?>

の>の後ろで、改行(returnかEnter)をして空白行を数行作ってから「審査用のコード」をコピー&ペーストで貼り付けてください。

この画像では見切れていますが、下の方にある「保存」ボタンで編集内容を保存します。

テーマが「Simplicity2 」や「Simplicity2 child」の場合

「header.php」を編集しないで済むように「header-insert.php」というファイルがある。

「Twenty Sixteen」の時と同様に、右の方にあるファイル名から「header-insert.php」を探します。

この画像は未編集の状態です。

何も設定をしていないと、この画像のような状態なので「自分で編集した内容」を「header.php」に適用したい場合に、わかり易いのが特徴です。

赤枠で囲んだあたりに「審査用のコード」をコピー&ペーストで貼り付けてください。

その他のテーマ

テーマヘッダー (header.php)があれば、そこに貼り付けてください。

Simplicity2の場合は「header.php」も存在しますが、「header-insert.php」の方が良いというだけです。

「Simplicity2 child(子テーマ)」には「header.php」が無いので、親テーマに当たる「Simplicity2」の「header.php」を編集するか、子テーマ(child)の「header-insert.php」を使うかという選択になります。

これは、他の子テーマがある場合も、同じような対応になってきます。

利用するテーマ毎に「header.php」の扱いや内容が異なるので、ここでの紹介は一例になります。

審査用のコードが埋め込めたとして・・・先に進みます

審査を続行

再び、アドセンスのサイトに戻ります。

ログアウトをしていたら、ログインして下の画面を表示しましょう。

赤枠のチェックをつけて「完了」をします。

これでGoogleに審査の準備が出来たと伝わるので、あとは結果を待ちます・・・

不合格!

審査結果がメールで来るか、数日待っても来ないようであればアドセンスのサイトを確認して見ましょう。

不合格だと、こんなメールが・・・

ここで重要なのポイントがいくつか・・・

まず、この画面(画像)を見て、本文の上の方にある文言

AdSenseコードがお客様のサイトに配置されましたので・・・

ここでわかるのが、先の審査用のコードは正しく貼り付けられていたという点です。

つまり・・・それ以外に問題があるという事。

問題点に関しての考察は過去記事で扱ったので参照してください。

WordPressでサイトを作ろう(アドセンス取得)
WordPressでサイトを作ろう(アドセンス取得)
アドセンス審査に関する情報の記事が大量にあるのですが、根拠不明な制限をしている事が多いです。 何を根拠に言っているかが納得できなかったので、豪快に逆らっても合格した私の論拠を紹介します。
WordPressでサイトを作ろう(アドセンス取得2)
WordPressでサイトを作ろう(アドセンス取得2)
アドセンス審査に関する情報の記事が大量にあるのですが、根拠不明な制限をしている事が多いです。 豪快に逆らってみて合格した私が、見落としていて不合格になった理由がプライバシーポリシーの存在。
WordPressでサイトを作ろう(アドセンス取得3)
WordPressでサイトを作ろう(アドセンス取得3)
アドセンス審査に関する情報の記事が大量にあるのですが情報に抜けが多い。 コンサル誘導の為にわざとかな?AdSense コンテンツ ポリシーの詳細として確認可能な内容すら抜けがあるので解説してみる。

色々なサイトで「こうしたら合格した!」とか言われていますが、割とデタラメというか「結果的に合格した」というだけで、「何がわるかったのか?」が言及されていません。

その為、画像を貼ってはダメとか、リンクがダメとか不合格からxx日は経過しないととか・・・胡散臭い情報ばかりなので「自分で考えて見ましょう」

xx日を経過しないとダメという情報なんて、デタラメの極みです。

だって・・・私・・・

2時間後くらいに再申請してる!!!!

んで、合格しましたよ?

合格だ!

見事、審査に合格すると・・・こんなメールがきます。

これも、数日から数週間という情報が飛び交っていますが・・・

私、1日半くらいで来ました。

しかも、最初の審査請求が20時くらいで、再申請が22時くらい・・・

間違え・・・確認したら、22時に最初の申請で、翌日の0時くらいに不合格の通知、その2時間後くらいに再審査・・・

下記の最初の方に時系列を記載してます。

WordPressでサイトを作ろう(アドセンス取得)
WordPressでサイトを作ろう(アドセンス取得)
アドセンス審査に関する情報の記事が大量にあるのですが、根拠不明な制限をしている事が多いです。 何を根拠に言っているかが納得できなかったので、豪快に逆らっても合格した私の論拠を紹介します。

人力でサイトの確認をしているとの話しもあると考えたら、よほど問題外なサイトだとか、何度も再申請していて、審査する方に「またか」と思われているでは?とういのが私の考察。

つまり・・・ちゃんと審査基準を読め!ってレベルのサイトは、そもそも相手にされていないだけというのが結論な気がする。

んで、ブラックリスト化されて、結果として「審査の優先順位」が下がってしまい、数週間も返事が無いという悪循環をした人が、大量に出て・・・それが標準にように扱われたのだろうなぁ・・・という話しです。

皆さんも、アドセンスの申請をするのは良いですが

一度、ガイドラインなりヘルプを確認して「自分のサイトは基準を満たしているか」を確認して見てください。

まだデータがありません。