iPhone初心者に送るiCloudの使い方

iPhone初心者に送るiCloudの使い方

さて・・・macOS High Sierra のレビューをしようかと思っていたが、あまり目立った変更も無いのでネタ切れだ。

という事で、初心に帰ってみる事にした。

スポンサーリンク



iCloudとは

そもそも、iCloudってなにさね?という話しだが・・・

正直、きちんとした説明をしても初心者さんには意味が無いのでザックリと行こう。

要はAppleさんがデータを保管してくれる場所だ。

ここで保管されたデータはAppleIDとパスワードさえ知っていれば、他の機器(MacやiPadなど)で呼び出しが出来る。

アプリの購入履歴はもちろん、電話帳などの最重要データや iCloud キーチェーンを使う事で、パスワードなどもAppleIDに紐付けて保存して置ける。

キーチェーンのメリットは、デバイス(iPhoneやMacなど)毎にパスワード管理をする必要がなく、同じAppleIDを使う機器でパスワード管理の共有が出来る点だ。

これにより、ログインが必要なサイトなどをiPhoneとiPadなどでそれぞれに管理する必要が無いので、ランダム文字列でのパスワードを設定していても自力で覚える必要が無いのでセキュリティが向上する。

バックアップに関して

割と見かけるのだが、iCloudからのバックアップ戻し(主に機種変更後)の方法がわからないという人・・・

iCloudへのバックアップは、iCloudアカウント(AppleID)で機器(iPhoneやMacなど)へのログインをして、自分でバックアップ対象から外さない限りは、以下の物は全て同期される。

写真、メール、連絡先(電話帳)、カレンダー、リマインダー、メモ、Safari、ホーム、wallet、GameCenter、キーチェーン

「iPhoneを探す」や「iCloudバックアップ」は同期とは違うがオン/オフが可能だ。

実際は同期になる

前述の通り、iCloudの設定をしておけば自動的に重要っぽいデータは同期されるので、機種変更等でデバイス(iPhoneなどの機器)が変わったとしても、同じiCloudアカウントで設定してあげれば自動的にiCloudからデータを持って来てくれる。

これはiPhoneとiPad間でも有効で、正確には「iOSを使う端末」であればiCloudアカウントが同じであれば同期が可能になっている。

よく、iTunesのバックアップから戻すような話しを聞くが、これはバックアップをした時点に戻したい場合にしか使わない。

iOSごと戻したい場合くらいなので基本は用が無い。

この手法で戻す利点は、単純にネット経由となるiCloudよりもケーブルで物理的に接続されている分だけ同期が早いという点くらいだろう。

iCloudで戻せないものもある

CD等から取り込んだデータはiCloudに同期されないので、これはiTunes経由で同期が必要だ。

また写真に関してもiCloudの初期の容量だと、保存しきれていないはずなので、この分もiTunes経由となる。

特に写真のデータは、iPhoneで撮影した物はオリジナルのデータになるので、定期的にPC(MacなりWindowsなり)にデータを移しておく方が良いだろう。

まだデータがありません。