Microsoft 365〜企業向けだけか?〜

Microsoft 365〜企業向けだけか?〜

マイクロソフトが発表した「Microsoft 365」だが、今の所、詳しい情報が見当たらない。

基本的には企業向けになるようだが、個人でもライセンス契約は出来るとは思うので、最小構成が知りたいところだ。

Microsoft 365とは、Office365とWindows10、セキュリティソフトをワンパックにして月額制でのライセンス(利用権)を発行するサービスになる。

安い方の構成であれば、20ドル/ユーザー/月との事なので、月額で約2000円/ユーザーでwindowsとOfficeを使えるとなれば、Macユーザーなどが仮想環境に入れるには良いかもしれない。

スポンサーリンク



月額ライセンスのメリット

個人での利用に際しては、基本的には月額制は割高になる。

単純に月額2千円としても、十ヶ月で2万となり、1年半以上の経過で3万を越すのでwindowsだけならDPS版が買えてしまう。

Microsoft 365であればOfficeの分だけは特になるが、利用期間が長くなれば、これも相殺してしまうだろう。

では、メリットは何か?と言えば・・・

買い切りではなく、あくまで利用権を得る契約である事らアップデートなどの際にも、そのまま次の契約に移れるのだ。

よほどの価格改定が無い限り買い直す必要はなく、ライセンス契約を継続する事で次のバージョンへの移行が出来る。

また、逆に締め日の関係や年間契約(年間契約の方が割安になる)をしていない場合は、使わない月は契約を解除する事で支払いが発生しなくなる。

要は一過性で利用したい場合は、月額契約をして置く事で利用してない期間の無駄を省く事が出来るのだ。

こんなに人におすすめ

基本はMacで、一時的にwindowsを使いたい際などに仮想環境にインストールして起き、利用が終わったら契約を解除・・・という流れが出来るなら、普段は利用しないWindowsのライセンス費をかけないで済む。

これはOfficeも同様なのだが、Office365に関しては「forMac」があるので微妙なラインとも言える。

どうしてもビジネス文書はMS-Officeになってしまうので、Macユーザーには辛いところだろう。

最近の主流

ここ最近は、Adobeの「CreativeCloud」なども該当してくるが、月額制度のアプリも増えてきて居る。

この方式の利点として「とりあえず使ってみる」という事が出来るのは大きい。

特にAdobe製品は単価が高いので、触ってみたいけど・・・となっていた人にとっては敷居が下がったという事だ。

Microsoft 365が個人向けに解放されるかは微妙だが利用出来ると良いなと思いながら、正式に稼働する8月を待ちたい。

ブロトピ:こんなブログ更新しました(o^▽^)o)ペコッ

まだデータがありません。