電子書籍が安くならないのはなぜ?

電子書籍が安くならないのはなぜ?

先日、はてブの記事で電子書籍に関する記事を読んだ・・・

元の記事は、安くならない事に対してだったのだが、反論として出版業界のかたと思われる人が、色々と言っていたのだが・・・

その中で、Amazonの安売りに関しても言及していて、これが、私には良くわからなかったので記事にしてみる。

スポンサーリンク



安くならない理由

書籍は、基本的には法律で「値引きが出来ない」ようにされて居る。

日本書籍出版協会で詳細を確認して欲しいのだが、要は定価販売がデフォルトで、これにより著者などの利益を守るためのものなのだが・・・

正直に言って、単に出版社の利益だけを確保する制度とも言える。

早い話が、定価販売しかさせないように縛る事で、出版さえすれば「概ね利益を得る事ができる」のだ。

ここで、私の読んだ記事の中で出版業界の人曰く、初版に関しては各種の経費類の相殺で利益が出ないので、重版があって初めて出版社に利益をもたらすとの事なのだが、これが既に疑問なのだ。

出版物以外は当たり前じゃ無いか

では、出版物以外に目を向けた場合、新製品を販売した際に◯◯個売れないと利益にならない・・・と言って、ステークホルダー(株主などの利害関係者)に理解を求めるのだろうか?

そんなわけが無い。

見込みの販売個数を持って「利益になる」として、製品の製造や販売をするのが当たり前だと思うのが、どうだろう?

書店の利益のため?

全国一律で、定価販売である事は小売店の利益を守る意味もあるだろうが・・・

先の他のカテゴリの商品は、そのような事はしていない。

なぜ、出版物だけがそのような対応が必要なのか・・・これが理解できない。

要は営業努力が不要であると言って居るのに等しいのだ。

「置いておけば売れる」であって、売るための努力は出版社なり著者がするものであって書店単位で言えばイベントなどを開催する等、「出版社や著者」の企画となってくる場合がほとんどだろう。

というよりも、この手のイベントは出版社や著者の協力がないと出来ないので当たり前だ。

そして、ここで疑問になってくるのが、小売店を守る為という意味合いでの定価販売の陳腐化だ。

一昔前ならともく、現在、大手のチェーン店やフランチャイズを除き、書店というのを見かけない。

としたら、売れる商品を大量に仕入れたり、売れなくても商品点数を増やす在庫スペース(書棚)の確保は、個人経営の書店に比べて容易だろう。

だとすると、売れる/売れないは、書店側の営業努力の問題となるのだが・・・所詮は定価販売なので「置いておけば売れる」という状態になるし、売れないものは返品できるのが書籍だ。

これでは、書店毎の営業努力は必要ないし、価格競争もする必要はないので「資金がある方が勝つ」という状況になり、個人の書店が淘汰されるのは当たり前だ。

そのくせ「紙媒体の売り上げ低迷」を問題視して居る風潮があり、それを出版社サイドの人が他人事のように言い出すから始末に悪い。

駅前に行っても、蔦屋くらいしか書店が無いとか、そもそも書店が無いなどが昨今では当たり前になって来ていて「買う場所が無いのに売れないのは当たり前」という事に、なぜか言及しないのだ。

私の子供の頃は、自電車で移動できる範囲に数件の書店があり、欲しい本を探すのに本屋巡りをしたのものだが・・・

資金に余裕がある企業しか書店を作れないのに、そう行った企業は大型の店舗にしたがる。

駅前などの限られたスペースでは、大きな書店を構える事は出来ないのに、少し郊外に大型の書店がある・・・自分たちで小さな店舗を潰して置いて「紙媒体が売れない」とか言われてもね?

著者の利益を守る

これも疑問だ。

売れなければ安くするのは、他の商品では当たり前だろう。

なぜ、出版物だけが売れなくても利益を確保し続ける事が当然にようになって居るのだろうか?

専門書などの場合は、実際に出版してから長期に渡り書店に陳列される事があるので、ある意味では仕方が無い部分はあるだろうが、短期的なサイクルで回るようなものまで書店のスペースを確保し続けていながら、著者の利益を守る為に値引きはダメというのは、書店の利益と相反しないだろうか?

というよりも、そこで著書の利益がというなら「売れない可能性のある物を出版した」出版社こそが、泥を被れば良いでは無いかと思うのは変なのか?

Amazonの値引きは?

上手い抜け道を使ったと言えるのがAmazonだ。

出版社への支払いは確約して置いて、自分のところで値引きの泥をかぶる形で実施したのだ。

これ・・・契約時の穴をついていた関係で、出版業界でかなり問題になったわけだが・・・

これも「他の商品では当たり前だよね?」という話しになってくる。

要は、仕入れ値+利益=価格が、一般的な販売物の在り方だろう。

なので利益の部分で販売側が損をしてでも売りたいと思えば、たとえ原価割れしても値引きするのがダメという事は、あまり無い。

電子書籍が安くならない

これも、色々と言われて居るが、紙媒体が安くならない理由と、あまり変わらない。

確かに諸経費は発生するのだと思うのが、では、古い書籍まで安く出来ない理由はなんだろうか?

これまたひと昔前ならともかく、今時、MSーWordで出来た文書すらPDF化してしまえば電子書籍もどきにできる。

電子化するのに手間が!とか言っている人が居るが、それは、どれだけの手間なのだろう?

そもそも出版物の「入稿」原稿は、電子化していないのだろうか?

印刷所に回すのは紙媒体なのか?

Serverの維持費が云々と言って居るが、個人ですらServerを借りる事が出来るご時世に、どれほどの費用がかかるServerを使うのだろう?

正直、私は、古い書籍は、さっさと安く電子書籍でばらまくべきだと思って居る。

例えば、10巻まである定価1000円の書籍であれば、5巻くらいまでを500円とかで販売してあげれば、5巻以降の新刊の売り上げも伸ばせるのでは無いかと思う。

紙媒体で、古本屋で回ってしまえば、出版社の収入は「発行部数」の分だけになってしまい、純粋に読んだ人の数にならない。

また、紙媒体の場合は、他の人に「読んでみて」と貸す事もあるだろうが、電子では出来ないので、これも「紹介する機会」の損失になると捉えられないだろうか?

夫婦や兄弟などの間ですら、貸し借りの出来ない電子書籍にはメリットが少ないのに紙媒体よりも高い場合すらあるのでは、普及するわけが無い。

書籍や活字離れを問題視して居ると騒いで居る出版業界は、そもそもその土壌を作り、未だにそれを維持しようとして居る自分たちの所業を見直してから言って欲しい。

まだデータがありません。