子供向けプログラム学習〜Swift Playgroundsが楽しい〜

子供向けプログラム学習〜Swift Playgroundsが楽しい〜

前の記事で紹介した、Appleの子供向けプログラム学習アプリののSwift Playgroundsを触ってみたのだが、思いの他、楽しい。

私はIT系の人なので、プログラミングも出来るわけだがSwiftと言うかxcodeは触った事がないので、勉強してみるつもりで触ってみた・・・

やべ!これ楽しいわw

と言うのが感想だ。

スポンサーリンク



Swift Playgrounds

改めて、このSwift Playgroundsを紹介すると、Appleが提供している「子供向けプログラミング学習」のアプリなのだが、これ・・・そもそも「プログラミングってなに?」って人にも向いている。

基本的にプログラミングに限らず、IT系の技術をきちんと使いこなす為には、どうしても「コマンド」と呼ばれるような「英語で何やら・・・」が必要になってくる。

このブログで紹介している、wordpressにしたところで細部に手を入れる際は元より、記事を書く際にだって「HTML」と言うものを理解していないとダメだし、アドセンスなどの広告を貼る際にだって「HTML」を使う事になる。

※javaなども含まれているが、ここではスルー

子供向け学習である事に注目

子供向けであると言うことは、つまり「初心者向け」なのだ。

つまり、事細かな詳細を「わかりやすく」説明してくれる上に、段階を追って学習が可能であると言う点に注目したい。

まず「プログラミング」と聞いた時にイメージする事と言うのは、関わった事のない人は概ね同じだろう。

「英語で何やら・・・」と言ったところかと思う。

これは間違いではない。

では、これを一から学習すると言って、書籍を買って出来るか?と問われたら大部分の人には無理だと思う。

それはそうだろう。

だって、その為の専門学校なりが存在していて、それなり以上の費用を持って学習する事もあるような内容だ。

もちろん、興味があって独学で身につける人もいるには居るが、それは「興味があって」という話しであって、本人のモチベーションが違う。

端的には例であげれば、普通課の高校3年間の授業の内容を「独学で学べるか?」と言って居るに等しい。

こんなもの大多数の人が「自分には無理」と答えるだろう。

プログラミングを学ぶと言うのは、そう言う話しであると言う事を前提として理解して欲しい。

さて、ここで「子供向けプログラミング学習」と言う点に戻ってみる。

前述の通り「独学」でプログラミングを学ぶのは非常に敷居が高いわけだが・・・この敷居を高くして居る理由というのが「理論から説明して居る」点にある。

要は「xxxしたら」「◯◯◯」という結果になる「なぜなら△△△△」だからだ。

というような「教科書」しか、世の中にないからだ。

タブレットを使った教材と同じ

ここで、なぜに「子供向けプログラミング学習」のアプリが優秀かと言えば、昨今では当たり前のようになりつつある、タブレット型の教材の存在だ。

ベネッセのチャレンジタッチあたりが有名だろうか?

タブレット型の端末が一般流通して、安価になってきた事により家庭内での保有も多くなってきたり、教材の発信側で用意する事が簡単になってきた事に伴い、かつては紙媒体で行われていた通信教育が、タブレットで行われるようになったのだ。

これと同じ事が「子供向けプログラミング学習」のアプリで発生して居る。

Swift Playgroundsを触ってみた感想としては、この「プログラミングって何?」からスタートして、段階を踏みながらゲーム感覚で学習をして行くのだ。

この段階の中に「xxxとい疑問はなかった?」と、わざと「不便な箇所」を残して、それを「プログラミング」で解決するという手法をとってみるなど、「ではどうしたら解決出来るか?」というクイズのように進めるようにして居るところが憎らしい。

これ・・・そうやって「知らないうちにプログラミングの基礎」を身につけて居るのだ。

完成したプログラムを体験する

凄いと感じたのがこれ・・・

【Parrot】MAMBO minidrone (キャノン&グラバーセット)

価格:16,200円
(2017/7/9 22:05時点)
感想(0件)

こんな感じのドローンやロボットも販売されていて、Swift Playgroundsで動きをプログラミング可能なのだ。

これ・・・突き詰めて行けば、工場などの工作機械などの動作や飛行機などの制御プログラムにたどり着く物になる。

もちろん、Swift Playgroundsやこのドローンやロボットでは、そこまでの事は出来ないので、もっと深く勉強をする必要はあるだろう。

しかし・・・子供の時にコレに触れていたのと、そうではない・・・

果たして「こんな将来」は夢で終わるか、叶えられるか・・・可能性の選択肢として与えれみるのも面白いかも?

家庭用ゲーム機に数万円をかけるなら、よほど安価だと思うしね・・・

まだデータがありません。