WordPressで記事を書こう3

WordPressで記事を書こう3

さて、お題の件ですね。

ある程度、wordpressのサイトは出来たでしょうか?

慣れてきたところで、次のお題です。

スポンサーリンク



スマフォアプリで投稿しよう

と言う事で、下にリンクを貼っておきます。

<iOS>https://itunes.apple.com/jp/app/wordpress/id335703880?mt=8

<アンドロイド>https://play.google.com/store/apps/details?id=org.wordpress.android&hl=ja

正直に言って、パソコンでの投稿が一番、素直です。

単純に文字を書くのもそうですが「どのように見えるか?」を確認する為には、スマフォではダメです。

また、再三に渡り言うように「目的」は広告収入である事からもアクセス元となる環境は広告の見やすさからも、パソコンの方が良いと言う点もあります。

ここで勘違いして欲しく無いのは、あくまで「見やすさ」です。

行動心理学的な問題として、見やすさを重視した結果「購買」に至らないと言うパターンも存在していて、実はスマフォの方が金銭取引に対する操作への忌避感が低いという事もあるので注意が必要です。

しかし、問題として残るのはwordpressがあくまで「ブログ」を主体としたサイト構成になってしまう関係上、スマフォでの表示の際には、意図して設定しないと「広告」が上手く表示されずに「購買」への足がかりにならないので、結果として広告として成立しないと言うパターンになり得るので、最初のうちはパソコン向けのサイトを意識した方が良いでしょう。

とは言え、日々のブログへの「ネタ」など下書き程度はしておきたいもの。

その為の環境として、アプリがあると便利ですね。

カテゴリー

「記事を書く」と言うことをお題にした時になんでも書けば良いという話しではない。

「雑記」のようなものでも良いと言えば良いのだが、それでアクセス数を稼げるか?と言えば無理でしょう。

有名人のブログと言うならともかく、所詮は一般ぴーぷるです。

日記を書きたいだけなら、自己満足なので無料ブログで良いと言う話しになってくるので、その場合は、このサイトで出来る話しはありません。

あくまで、ここで「wordpress」をお題にしているのは「ブログを書いて広告収入を得よう!」と言うのが目的です。

したがって、読者に「有用」な話しでなくてはなりません。

と言うか、そもそも・・・アドセンスって「日記」レベルでも合格するのか微妙だし・・・

で、問題となるのは「何をネタに扱うのか?」と言う話しになるだけだが、アクセス数を稼ぐ為には、あまり複数のカテゴリを扱うべきでは無い(アドセンスに合格するまでは?と言う不確かなことを言う人もいる)とも言われています。

これは、単純にサイトの訪問者が「読みたい記事」に辿り着けなくなってしまう点や、一つの「お題」に対しての「深み」が足りなくなる点などを考慮すると、サイト全体の「価値」を下げてしまう事に起因します。

例えば、Aと言うカテゴリーの記事は、非常に詳細に書いてあり更新も頻繁だが、Bと言うカテゴリーの記事は、中身が薄く更新頻度も低い。

これ・・・下手をするとAというカテゴーの訪問者も、Bを読んだ際に中身の薄さに「Aの記事も信用できない」と言うマイナスイメージを持たれかねません。

なので、カテゴリーは少なくするとうのは、あながち間違いでは無いのです、このような話しを目にした、耳にしたと言う際は読む側の気持ちで考えてみてください。

とはいえ、ここで重要なのは「では単一のネタだけで行くのか?」と言う話しになる。

正直、これは悩ましいところでは「私としては」やめておくことを勧めます。

これ・・・正直、無理です。

例えば、私の扱う「wordpress」のネタですが・・・

サイトを構築するまで、構築してからアドセンスに合格するまで、そしてこの記事のように、ちょっとしてテクニック?など・・・これネタとして尽きると思いませんか?

このネタ・・・更新可能なのは「テクニック?」の部分だけなのです。

しかも、プラグインが新しく出た際など「目新しい事」がないと、早々にネタ切れになります。

コスメの話題なんかもそうですね。

「新作が出た!」と話題にするのは良いのですが、出なければ話題が無いと言う事になります。

しかし、ブログサイトは更新してなんぼです。

記事の無いブログサイトは訪問者も増えませんので、複数の「話題」を「提供」出来るようにカテゴリーを分けて検討しておく方が良いでしょう。

このとき、サイト全体の「大きなお題」を決めてあると楽ですね。

私であれば「IT」を主体に考えているので、そこから派生するものなら、ある意味なんでもありです。

こんな記事もある・・・瞑想?

瞑想?
瞑想?
はい、カテゴリ違いでもURLの間違いでも無いです。 ちょっとブレイクタイムで雑談と見せかけた記...

これ「瞑想」と題して、AppleWatchの「Breathe」と言うアプリの話しも絡めている。

見出しをつけよう

ちょっとしくじった・・・各記事を再編集しないとです。

アドセンスに合格した事もあり、改めて「SEO対策」と言う「検索サイトで上位に表示されやすくする」対応を考えていたのだが、よく考えたら「ダメじゃん」と言う点があったのだ。

とりあず「記事を書く事」をメインに考えていた事もあり、あまり「SEO対策」を意識していなかった為、メモで下書きして投稿していたのだが、これが間違い。

「見出し」の部分のマークとして「・」では、わかり難いので<>で括っていたのだが、よく考えたら、これでは「クローラー」と呼ばれる検索サイトの巡回プログラムは「見出し」として認識してくれない。

「見出し」として認識させたかったら、HTMLタグの「h1」や「h2」などで「見出しの内容を指定する」必要があったのだ。

wordpressでは、エディタ(記事を書くところね?)でデフォルトで「段落」となっているメニューで「見出し」を選べば、この「h1」や「h2」で括られます。

ただ・・・h1とか文字が大きすぎるので、スマフォでの表示を加味してh2〜h5くらいにしておくのが無難です。

そして、見出しに使った文字は「タグ」に入れて起きましょう。

まだデータがありません。