windows選び

windows選び

さて、どうでも良さそうだが割と重要な「Windowsのエディション」だ。

HomeだとかProだとかのあれね?

基本的にはHomeでも良いが、出来ない事がある。

大体の事は出来るPro と言った感じになっている。

Pro以上のエディションはコンシューマー(一般販売)では、過剰な機能なので価格に見合うだけの利用用途がなければ無駄になる為、ここでは説明しない。

正直、Homeで利用が出来ない「Active Directory」や「リモートデスクトップのホスト」というのは、一般家庭では不要とも言えるので概ねHomeでも問題ない。

しかし、一般家庭では不要とはした物の「リモートデスクトップのホスト」という機能は利用できると便利ではあり、後からエディションを上げようとすると余計な費用が発生する事を考えるとProを選択して置きたいのも事実。

この辺はお財布や利用用途との相談になると思う。

少なくともEnterpriseやEducationは、まず間違いなく不要なので何かの際に見かけても気にしないで良い。

(そもそもコンシューマーには出ていないはず・・・)

さて、ではあると便利と言った「リモートデスクトップのホスト」とは何か?

<リモートデスクトップ>

これは、AというパソコンからBというパソコンを操作する機能だと思って貰って良い。

その上で「ホスト」というのは、Bの「操作される側」になるのだが、WindowsではPro以上のエディションである必要があるのだ。

<その機能で何をするの?>

もっともな疑問だと思うのだが、要は低スペック(CPUやメモリなどが少ない)パソコンから、ハイスペック(高性能)なパソコンに「リモート」すると、処理をするのはハイスペックなパソコンである。

という事を利用して、例えばハイスペックなデスクトップと低スペックなノート型を用意して、家にいる時は、この「リモート」を使う事で、ノートPCを操作していても高性能な処理が出来る。

や、逆にハイスペックなノート型と、低スペックなデスクトップを用意して、家にいる時はノート型に、デスクトップから「リモート」して大画面での操作などを可能にする。

MacにもMicrosoftの純正でリモートデスクトップ用のアプリが存在する為、windows用のアプリを使いたい際に、リモートデスクトップで操作が出来るのは非常にありがたい。

ちなみに・・・Mac同士であれば、純正の機能でリモート可能です。

<バージョン選びは?>

windows7は2019年1月でサポートが終了します。

現在、2017年ですから、実質1年くらいでサポートが切れますので、今から選ぶバージョンではないです。

windows8(8.1)は、正直に言って、選ぶ意味があるの?これを選ぶなら素直に、Windows10にしよう。

windowsRTは、MicrosoftのタブレットPC「surface」に搭載されて話題になったが・・・これは絶対に選ばないように。

これ「RT」の専用アプリしか、ほぼ動かないと思ってください。

結果的にすぐに消えてしまったはずなのだが、「surface」を中古で購入しようとして、妙に安い物があったら、これを疑ってください。

windowsServer?・・・何がしたいのか不明だが、素人が手を出すものではありません。

まだデータがありません。