Appleさんと遊ぼう3

Appleさんと遊ぼう3

楽天の運営するポータルサイトのインフォシークでiPhone8に関しての記事を見つけた。

iPhone「ワイヤレス充電対応」の可能性、さらに濃厚に - トピックス|Infoseekニュース
発売10周年を迎えたばかりのiPhoneだが、次期「iPhone8」がワイヤレス充電対応になることを裏付ける新たな【トピックス】

ワイヤレス充電?

ワイヤレス充電を示唆する情報があったとの事なのだが、いまいち情報の出どころが不明瞭で記事の著者自身が調べた内容では無いようなのがミソ。

この記事を読んだ上で、以下は私の考察になる。

あくまで個人的な見解なので、公式な情報では無いので注意です。

Lighteningをどうするのか?

確かにワイヤレス充電に関しては対応しても良さそうだが、だとしても「8」でとなると疑問が残る。

単純に考えて「7」でイヤフォーンジャックを「Lightning」に統合したのに、これを無視して「ワイヤレス充電」に踏み切れば、接続する端子が存在しないか、ワイヤレスとLightningとなってしまうので、どちらにしても合理性が薄い気がしてならない。

余分な機構を存在させないという意味で、ヘッドフォンのジャックをLightningに統合したのに、ワイヤレス充電を載せつつLightningを維持するというのは、どうなのだろうか?

また、現状の「iTunes」の仕様上、一度、Lightningで接続しないとワイヤレスの同期が出来ない関係上、これを廃止する為には「iTunes」の同期に関する部分に手を入れないとダメで、当然、これに対応する為には「iOS」側にもテコ入れが必要になってしまうだろう。

現実的には?

根本的にLightningを無くせない可能性が残る以上は、ワイヤレス充電の優位性として強調される小型化や薄型化は、実は意味を成しておらず寧ろ「その分の機構が増える」と考えるとサイズ的な問題も増える上にコストアップに繋がる。

であるならば、MacBookで採用された「USB-C」を搭載させる方が、余程、現時的に私には思える。

これならば、付属品なり別売でLightningへの変換ジャックや複数のデバイス(イヤフォン、Lightningなど)を接続できる口を用意したハブのようなものがあれば良い。

私としては、破損しやすいLightningは「MacBook Air」などで利用されている「MagSafe」にしてくれる方がありがたい。

AppleWatchの充電ユニット

ワイヤレスを採用するにしても、ワイヤレスの充電ユニットとして既に存在しているAppleWatchと互換を持たせる方が現実的な気がする。

単純に同じ部品を製造するにしても、生産コストは大量生産の方が下がるのは普通な話しかと思うので、わざわざ、別途で作るメリットが見えない。

単純にiPhoneやAppleWatchに搭載する箇所もだが、充電をする為の台?も同じ物を共用が可能にする方が、作る側にも利用者にもメリットがあるだろう。

ワイヤレス充電に現実解?

とはいえ、情報はあるようなので「何か」はあるのかもしれない。

だとしたら、オプション品的に「iPhone対応のワイヤレス充電ユニット」という線もあるのではないかと思う。

情報元が不明な物が多いのだが?

画像流出などはともかく、先の情報などは「調査したのはだれ?」というのも不明瞭な「xxxという話しがある」と無責任に言って、煽るだけの記事だと思うわけだが、せめて自分なりの考察なりつける事は出来ない物だろうか?

まぁ、それに乗じてこの記事を書いている私の言えた事ではないが・・・

2017/07/06 追記--

この後、じっくり調べたら、ワイヤレス充電に関して「iPadPro」で使われて方式が採用されるかも?とか、現実性のありそうな記事も発見。

「USB-C」も既に検討されているらしいですねぇ

関連リンクiCloud関連の記事もあります

まだデータがありません。