windowsでも遊ぶ2

windowsでも遊ぶ2

さて、windows関連の色々を記事にしていくわけだが「よくある」話しを少しだけ。

<パソコンが起動しない>

結構ある話しな上、原因が特定し難いのがコレだ。

と言うのも、原因が複数にわたる場合が多くて「良くわからないけど直った」と言う事も多いからだ。

だが、明確にわかりやすい原因もある。

USB機器を外してみよう

USBメモリが原因となって起動しないパターンは良くある。

これは単純に、電源を入れた際の「ブート順」と呼ばれる「起動するメディア」の順番でUSBメモリの順番が高いと発生する事がある。

通常、HDD(SDD)といった「ストレージ」やOSのインストールを考慮して「DVD等の光学ドライブ」の優先度が上になっているので、あまり発生しないのだが、何らかの理由でUSBメモリなどの優先順位が上がってしまうと、まず、USBメモリなどに保存されている中に「OSを起動する為の処理が無いか」の確認が動いてしまい「本来のOSがインストールされたドライブ」に順番が回ってくるのが遅くなって、結果、「起動が遅くなる」のが「起動しない」と勘違いされてしまうパターンが一つ。

もう一つが、ドライバーと呼ばれる「機器を動かす為のソフト」をインストールした際などに「不整合」を発生させてしまい、そのせいで起動しなくなってしまうパターン。

このパターンの嫌なところは、例えばOSのアップデートなどでドライバの更新が発生した時なども、この「不整合」を起こしかねない事だ。

正規の更新作業しかしていないので「何かが発生する」原因が特定し難く、後付けで「恐らくコレかな?」とあたりを付けるしか無いので、予防が出来ないのだ。

ウイルス対策ソフトが複数入っていないか?

これも良くあるパターンで、ウイルス対策ソフト(アンチウイルスなど)が複数あると、相互に干渉して姉妹、起動が遅くなったり動作が不安定になる事が多々ある。

もっとも多いパターンとして、日本企業のPC(NECや富士通、SONYなど)を購入すると不要なソフトも大量に入っている事は知っているかと思うが、この中に「ウイルス対策ソフト(試用版)」などが含まれていて、購入時に店員に勧められる等で「別のソフト」を入れてしまった結果だ。

誰にも悪意が無いのがタチが悪く、また、「購入当初」はパターンファイルと呼ばれる「ウイルスの動作をまとめたもの」が記録されてデータが少ないので、干渉も大きく無いのが日が経つに連れて、このパターンファイルのデータが大きくなってくる事で動作に影響を出し始めるのだ。

メモリは十分か?

そもそもの問題としてスペック不足と言うのもある。

例えば4GBのメモリと言うのは、今やOSを動かすだけでも十分とは言えない。

windows10の要件としては、2GBのメモリが「最低限」なのだがコレは正に「最低限」であって十分な動作に必要なメモリのサイズでは無い。

特にノートタイプの場合、グラフィックメモリと呼ばれる「画面の描写」に利用するメモリを、この通常のメモリと共用している事があり、そうすると・・・OSを起動するだけで50%以上を使ってしまう等の事も考えられ、当然のようにウイルス対策ソフトなど「バックグラウンド」で動作しているソフトなどもメモリを使う事もあり、非常に動作が不安定になるというパターンも良くある。

ここまでくると、極端な話し、「デスクトップ」や「タスクバー」にあるアイコンの数だけメモリを消費しているのすら手痛くなってきてしまう。

特にwindows10に至っては、スタートボタンの復活は良いが「Modern UI」と呼ばれるアプリなどをタイル状に並べた物を使っている関係上、どうしてもメモリを消費する。

7までのスタートのように文字と小さなアイコンを使っている際と違い、大きい上にアプリによってはリアルタイムで情報更新をしているからだ。

※天気やニュースなど

HDD(SDD)などのストレージは空いているか?

HDDやSSDといったストレージドの容量に空きはあるかという、一見、関係なさそうな事が原因で動作が不安定になる事もある。

至って簡単な理由で、100のデータから欲しい物を探すのと、1000や10000のデータから欲しいデータを探す・・・どちらが簡単かはわかると思う。

また、最近のwindowsでは自動で実施されているのだが「デフラグ(最適化)」と呼ばれるストレージ内のデータの整理をする処理がある。

何をしているかを簡単に説明してみる。

1・2・3・4・5・・・と並ぶデータと

1・5・4・2・3・・・のようにデタラメに並ぶデータがあったとする。

これが100までの数であると想定した時に「50・51・52」が欲しいとなったら?

1、2、3と並んでいるのと、ランダムで並んでいるので「どちらが早くデータを取得できるか?」と問われて、ランダムの方だと考える人はひねくれ者だ。

パソコン上のデータもこれと同じで、分かりやすく並んでいると良いのだがアプリのインストールや更新で、本来は連続していて欲しいデータがあちこちに分散してしまう事がある。

これを整理するのが「デフラグ(最適化)」なのだが・・・ここで部屋の整理などを思い描いて欲しい。

必要な物を整理する際に「一度、どこかの空きスペースに置く」という作業をしないだろうか?

これと同じ事が「デフラグ(最適化)」でも発生して、一旦、他のスペースにデータを逃すという作業が発生するのだが、ここでHDDやSSDといったストレージの容量に「空きスペースが無い」と、「デフラグ(最適化)」が出来ないのだ。

結果としてデータが不連続な状態が続き、最終的に動作の不安定さが出てくる。

これだけなら、まだ良いのだが・・・

<やらないで>

良くやってしまうのが「起動しない」「遅い」といって、電源ボタンの長押しや電源コードを抜くなどして「強制停止」してしまう行為だ。

最終的に「やむなく」というのは、まだしも「常時そうしている」とかを聞いた事もあり「素人さん怖いわぁ」と思った事も・・・

これ、最悪の状態は壊れます・・・HDDやSSDが壊れたりして中のデータをサルベージ(救い出す)にも専門の知識だったり道具が必要になる事もあり、余計な時間や費用がかかる事も・・・

このような状態になる前に修理等をお勧めします。

最近では、購入店以外の場所でもこの手の相談を受けてくれるお店もあるので、最悪の自体になる前に相談して見ましょう。

まだデータがありません。