windowsでも遊ぶ

windowsでも遊ぶ

さて、元とはWindows使いなのだが面白みが無いので「Mac」をネタに記事を書いていたのだが、windowsネタも交えて見ようと思う。

<なんでもは出来ません>

よくあるのが、パソコンを買ってMS-Officeを入れたら「なんでも出来る」と思うこと・・・

えーっと・・・これはwindowsに限らずパソコン全般に言える事と言うか「IT関連」全般に言えるのだが、「何をしたいのか」の主体性がないと「文鎮」や「ただの箱」と化す。

<何が出来るか?>

文章を書く、表計算、お絵かき、メール、ネット・・・普段、利用するのは、こんなところでしょうか?

では、それ以外に何があるのか?

普通に考えて「何もない」のだ。

いえ、出来る事はあるのですよ?

問題は「それは必要か?」という話しになってくる。

先にあげた、文章を書いたりメールしたりと言った「普段、利用している」もの以外は、「普段」は利用しないのだ。

つまり大事なのは「利用しない」ものが「必要か?」となり、そもそも普段使っているツールで実施可能では無いのか?と言う話しになってくる。

<MS-Officeを使い切ろう>

そもそもの問題として、Officeはパソコンを買ったら入っているもの・・・と考える人が多いのも事実。

入って無いですよ?きちんと「MicrosoftOffice」が入っている物を購入しないと入っているのは標準ではありません。

先ほどから「MS-Office」だとか「MicrosoftOffice」とわざわざ「Microsoft」と断わっているのは、「Kingsoft Office」や「OpenOffice」などの「MS-Officeと互換」の別のソフトが存在するから。

これ油断していると低価格のPCに入っていて「Kingsoft Office」みたいな感じで書いてある酷い広告もあるので注意が必要。

本題のMS-Officeを使い切るって事だがMS-Officeには公式オンライン上でテンプレートを手に入れたりも可能で、これらのテンプレートを使うだけでも「こんな事がしたかった」が出来たりします。

Office テンプレート - Microsoft Office のテンプレート - 楽しもう Office

例えば、コレはPowerPointで手作り望遠鏡と言うもので、A4の厚手用紙などを印刷が可能なプリンターを使ってペーパークラフトと言うものです。

現金出納帳で家計簿も良いです。

このようなテンプレートから、自分なりに使いやすいようにして見る事で出来る事が増えるかもしれません。

後は最近だと「Office365」というものもあり「ライセンス」を契約する事になるコレだと、パソコンの買換え時などに、Officeの有無を確認しなくて良い。

これを使う際に気をつけたいのが「Microsoft アカウント」の存在だ。

windows10では「ほぼ強制」で利用するようになっているこの「Microsoft アカウント」だが、Appleの「AppleID(iCloudアカウント)」と同様に「オンラインライセンス」の管理と紐付ける事が出来るので、「Office365」を利用する際には紐付ける「Microsoft アカウント」を間違えないように気をつけよう。

※ローカルのユーザーも利用作れるが、素人さんには敷居が高いのだ。

<コマンド(CMD)が使えると便利>

欲しいフリーのアプリなどが無いとき・・・以外に標準搭載の「CMD」で出来る事もあったりする。

デスクトップのWindowsマークの横にある「Web と Windows を検索」に「CMD」と入力すると「コマンドプロンプト」というアプリ?が出てくるので、これを起動しましょう。

なんだかわからん、英語の黒い画面が出てきます・・・慌てないで大丈夫です。

この画面で「DIR」と入力して「Enter」すると・・・多分、起動したユーザーのフォルダに保存されたファイルの一覧が出てきたかと思います。

これだけだと、なにも出来ないのだが他のオプションやコマンドとの組み合わせなどで出来る事もある。

例えば「DIR」でファイルの一覧を出して「copy」コマンドでコピーしたり「move」コマンドでデータの移動をしたりするのだが、これ、どちらのコマンドも「ワイルドカード」と呼ばれる「*」を使う事で、「*.txt」のように指定してテキストファイルだけコピーのような利用が出来る。

もっと詳しく!と言うのは、流石に面倒・・・ではなく!

出版物が沢山あるくらいにコマンドの種類があるので「コマンドプロンプト」で検索して見ると良い。

まだデータがありません。