WordPress初心者に紹介するHTMLタグをツールで作ろう〜Microsoft Expression Web 4 編〜

WordPressで記事を書こう

さて、アドセンスの記事が続いてしまったがブログですので記事を書くのも大事です。

しかし、一口に記事を書くと言っても、やはり見栄えは大事なので文字を飾ったりしたいと思う。

例えば、太字にしたりイタリックにしたり文字色を変えたりと基本的な文字修飾はwordpressの投稿画面にもあるのだが、さらに加工をしようとするとHTMLタグで編集が必要になる。

とは言え、そんなものを一朝一夕では覚えられないので、ここはホームページ作成ツールを使ってみると言う手段を紹介してみる。

この手のツールの特徴として、画面上でのマウス操作などで文字の修飾などする画面と「HTMLタグ」の画面の2つがあり、どちらかの画面を編集するともう一方に反映される。

これを利用して「HTMLタグ」で出来たブログ記事を作り、wordpressの投稿の際にコピー&ペーストで見栄えの編集がされた記事を投稿できる。

スポンサーリンク



Microsoft Expression Web 4

マイクロソフトのWEBサイトの作成ツールだ。

残念な事にwindows専用なのだが、元々は有料のソフトとして販売していたのだが「開発終了」に伴い、2012年から無料公開されている。

元々が「有料」のツールだっただけあり一通りの機能は押さえており、個別の機能は色々とあるが紹介しているとキリがない上、ここで期待している機能は文章の装飾などをした際に生成される「HTMLタグ」をコピーしてブログへの投稿時に利用する事なので、サックっとダウンロード方法などの紹介をする。

このサイトからダウンロード・・・といって、いきなりURLやリンクを紹介すると暴走する人がいそうなので先に注意

リンクの先は英語のサイトになっているので、多分、良く読まないで「download」ボタンを押したくなると思うが良く見て下さい。

ダウンロードのボタンの横にLanguage:Englishと表記されています。

このまま、ダウンロードする「英語版」になってしまいます。

落ち着いて、そのボタンなどが表示されている所の下にある「Details」をクリックして詳細を表示して下さい。

少し画面のスクロールすると「Japanese」のリンクがあり、そこから日本語版を入手できます。

Microsoft Expression Web 4 (Free Version)

ダウンロードした「Web_Trial_ja.exe」のような名前のファイルをダブルクリックしてインストールします。

インストールは画面の指示に従っていけば良いので、システム要件として必須な「.NET Framework 4.0」以上、「Silverlight 4.0」以上、「DirectX 9.0」以上が無い場合でも、必須のソフトが足りない旨が表示されたら、その画面の指示に従ってダウンロードとインストールをして下さい。

全て、Microsoftの無料のソフトなので安心して下さい。

さて、長いので分割・・・続き

WordPressで記事を書こう2
WordPressで記事を書こう2
さて、前の記事で紹介した物とは別に他のツールもあるので紹介してみよう。 ホームページビルダ...

まだデータがありません。