初心者が始めるWordPressの解説〜次はどうするの?〜

WordPressを使ってみよう

さて、Wordpressはインストール出来たでしょうか?

ここまでの流れで、問題がなければインストール時に設定したメールアドレスに

管理者ユーザーの招待メールが来ているはずなので、管理用のURLにアクセスして見ましょう。

スポンサーリンク



最初にやること

私自身が、Wordpressを触るにあたり他のサイトを調べたりもしました。

しかし、大体のサイトでは「SEO対策」などを含めた「素人には少々、難易度が高いのでは?」という内容をイキナリ推して来ます。

私としては、こういった話に慣れていない人を対象にしているという事もあり、まずはコレという所から触れていきたいと思う。

まず「管理者」としてログインすると、「ダッシュボード」という、管理メニューが表示され各種の変更などが出来ます。

最初に変更して見たい所と言えば、やはりサイトの見た目でしょう。

外観の変更

ダッシュボードには色々と表示されていますが変化が分かりやすいので、触って見たくなる箇所としてはサイトの見た目となるかと思います。

ダッシュボードに「外観」というメニューがあるので選択して見ましょう。

外観を含めた設定の大枠を決めるのがテーマ

WordPressに限らずWEBサイトのほとんどは「HTML」と呼ばれるプログラムで構成されているのは、前の記事などで説明したかと思います。

このHTMLで表記された内容を「xxx.html」という形式でサーバーに保存することで「httm://○○○○.com/xxx.html」のような「WEBサイト」になります。

本題に入ろう「httm://○○○○.com/xxx.html」というページを作りました、これには背景に画像を入れているとし、「httm://○○○○.com/yyy.html」というページを作り、こちらは背景の設定をしていなかったとします。

「httm://○○○○.com/xxx.html」から「httm://○○○○.com/yyy.html」へ移動したら、どうなるか?

当然、背景は無くなります。

さて、これではページが増えるたびに「背景」の設定をしなければならず面倒です。

背景程度なら別に良いのかもしれませんが「メニュー」など、複数箇所に及ぶと手間がかかってしまいます。

そこで「スタイルシート」「CSS」と呼ばれる、設定情報などをまとめたものを作り、参照するような作りかたをするようになります。

WordPressでは専門の知識が無くても、このスタイルシートなどをある程度は設定できるようにまとめたものが「テーマ」となります。

「テーマ」に応じて設定できる箇所や内容の詳細が違う事もあり、インストール時に一緒に入っているものや、WordPress上から検索し取得可能なものだけでも相当数がありますので、外観を選ぶだけでも一苦労かもしれません。

ただ外観を設定するだけでは無く、先々で説明する事になる「SEO対策」などに有効なテーマもあるので、これを探してみるのも一興かもしれませんね。

と、いう事で、次は・・・「テーマ」を紹介します。

まだデータがありません。