パソコン購入時に検討する事

パソコン購入時に検討する事

さて、仮想化の話の中でMacに仮想化ツール入れてWindowsライセンスを買うなら、

安いPCが買えてしまうという話をしました。

そこで、パソコンを購入する際に失敗しないポイントをまとめて見ましょう。

スポンサーリンク



Mac?Widows?

まず最初の選択肢ですね。

別記事でもあげましたが、この二つに互換性はありません。

その為、大手のソフトウェアですら相互にバージョンが無い事も多いです。

「forMacが無い」「forWinが無い」などです。

最近になってやっと、MicrosoftOfficeの「forMac」が出たのが顕著な例でしょう。

ただ、好んでMacを利用するユーザーというのは、AdobeのPhotoshopやIllustratorなどを利用しているクリエイターに多いので、これはどちらのバージョンもあるので問題は無いですし、Mac専用のアプリというのが、そもそもアップル製品との連携用だったりするので問題ないという事もあり、windowsのユーザーがMac用のアプリを使いたいというのは余り耳にしません。

逆にWindowsにしかないアプリは大量にあります。

これはフリーフェアとして無料で利用出来るアプリなどが大量にある事も関係してきます。

Macはウイルス被害が・・・って聞くけど?

そんなわけがありません。

単純に利用ユーザー・・・この場合、企業での利用も含めて考えてください。

あなたの会社は、windows機ではないですか?あなたの同僚の人数は?社員数は?

そのウチ、自宅でMacを使っていそうな人数は?・・・

つまり分母の数が少ないから被害件数が少なく見えるのと、

ウイルスを作る側は、分母の数が多い方が確率的に感染させやすくなるのでWindowsをターゲットにしているだけです。

実際問題として、Macで使われている「OSx」「macOS」というOS(オペレーティングシステム)は「UNIX」という、OSをベースにしています。

これ・・・サーバー利用が多い「Linux」や「Solaris」も「UNIX」ベースですので、サーバーをターゲットにしたセキュリティホールなどが、同じように使えてしまう事もありえるので「Macは高セキュリティ」は誤解です。

単にアプリの入手先として「AppleStore」を通すなどをしている事で、悪意のあるプログラムの混入経路が限定されているだけす。

Windowsにする理由

パソコンを選ぶ際に、違いがわからない人へは「素直にwindows機にしてください」というのが正直なところです。

この理由はいたって簡単で、利用者が多い=解説しているホームページも多いという事や

販売元のメーカーが多いので選択肢が複数あるという点になります。

また、MSーOfficeは「Microsoft」の製品である以上、Windows向けに最適化されて開発されますし、サポートも充実しています。

予算との兼ね合い・・・の前に

何がしたいのかを考えましょう。

例えば、WEBブラウズ(インターネットの閲覧)やメールくらいであれば、

3万円台のもので十分ですし、PhotoshopやIllustratorなどの画像加工ツールを利用する場合は、最低でも10万円台になってきます。

また「持ち出す必要のある機器か」これも重要なファクターです。

15インチの光学ドライブ付きのいわゆるノート型(この呼びかた本当は商標なのよね・・・)は重いです

冗談抜きに重いですので注意が必要です。

私のMacBook Airは11インチのモデルですが約1kgです。

対して、SonyのVAIO(当時はソニーだったの)「SVE14139CJW」というモデルも保有していますが、これが2.4kgです。

たかが「1.4kg」と思うかもしれませんが、よく考えてください・・・

これMacBook Airを二台よりも重いんです・・・

これに充電ケーブルや、紙媒体のノート文房具など・・・と考えて見ましょう。

15インチのモデルを持ち出すのは、かなり重いとわかるかと思います。

長い!分割します!

まだデータがありません。