仮想化して見よう!(できるだけ安価で)

仮想化して見よう!(できるだけ安価で)

さて、仮想化だ・・・

まずは、Windowsのライセンス関連は複雑のなので先に仮想化用のアプリを紹介しようと思う。

選択肢は3つある

1つ目は、WMware社のFusion

これは、どうもライセンスの関連情直販しか無い模様な上、勝手にリンクを貼るのも良く無いので、機能等の紹介だけになる。

価格としては1万円前後だ。

もともと、サーバーを仮想化する為の「vSphere」「ESXI」といったもの「VMwarePlayer」というWindows向けのアプリが存在しており、これをMacなどを含めた個人向けの物として発売された物だ。

機能的にな部分なども含め、個人で利用する分には十分すぎる上、無料のアプリでは無いのでサポートが受けられるのが大きい。

2つ目は、Parallels社のParallelsDesktop ※※ forMac だ。

※の部分は時期によって最新版が異なります。

販売価格としては、下のリンクくらいです

【送料無料】 パラレルス 〔Mac版〕Parallels Desktop 12 for Mac ≪USB版≫

価格:8,150円
(2017/6/21 14:17時点)
感想(0件)

これは、Macで仮想化してwindowsという事が注目され始めた際に、

まだ、他者が手がけてなかった頃にで始めた事もあり利用者も多いようです。

実際のところは、私が利用した事があるわけでは無いので細かい仕様までは言及できないので申し訳ないところです。

さて、3つ目に行く前に・・・

最後の3つ目は無料です(個人利用や評価目的、教育などの場合に限り)

ただし、1つと2つ目は「サポート」が受けられる点と、

最大のメリットとも言えるのが「windowsの画面を開かないでもMacでwinアプリが開けるフリができる」事です。

なんの事かというと、仮想化のデメリットとも言えるのですが、

あくまで、Mac上でwindowsのPC(物理的な機器)があるフリをさせる関係上、

windowsのアプリを起動する為には、別画面としてWindowsを起動する必要があります。

幸いにしてというか、現時点でのMacユーザーにとっては当たり前な昨日として

Macにはデスクトップ画面を複数出して、切り替える事ができる為、

画面上がゴチャゴチャするという事も少ないかとは思いますが、やはりアプリだけ起動したいのも事実・・・

そこで、1つ目と2つ目ですが、呼称は色々あるのですが「アプリケーション仮想化」という表現が一番、わかりやすいでしょう。

実際にはWindowsが裏で起動はしているのですが、見かけ上はアプリケーション(ワードとかエクセルとか)だけを、起動しているように出来る機能です。

これとサポートに価値を見出すか・・・が次の3つ目との差になります。

Oracle社のVirtualBox になります。

これは、もともとはフリーウェアとして開発、提供がされていたのですが、

現在は「Oracle」というデーターベースなどの開発販売をしている会社が権利を取得し

開発、提供をしており、先に述べた通り個人利用、評価目的、教育 の場合のみ無償での利用が出来ます。

正直なところ、どの仮想化アプリを選んでも「何を言っているかわからない」というレベルであれば、どのみちそのアプリの全部の機能が使える事は無いと思うので「VirtualBox」で良いと思う。

個人で解説しているサイトも沢山あります。

「有料のアプリだから素晴らしい」という話ではなく、その機能を全て使い切った上で

足りなければ、有償のものへ・・・という道もあるので検討の際の一助のなればと思います。

まだデータがありません。