仮想化?本気でやるの

仮想化?本気でやるの

さて、IT系のいろいろを扱うという事で、

いきなりだが「仮想化」について扱おうと思う。

これは、単純にこのサイトを見ているユーザーの中にMACユーザーがいるからだ。

(アクセス解析したら数名いた)

困るのはWEB系のあれこれは、Windowsを前提としている訳ではなく

むしろUNIXLinux)でサーバーが構築されている方が多いのだが、

実際にホープページやブログを見るだけであれば、別に気にする必要もないという事もあり、

これからブログサイトを作る人にとって、他のサイトで当たり前のように解説されているアプリが「Macで利用できない!」という事態に直面する事もある。

特に困るのが「FTP」というWEBサーバーに大量の画像等のデータをアップロード(サーバーにファイルを置く)する際に利用するアプリとして紹介される事が多い「FFFTP」というWindowsアプリだ。

フリーのアプリでありながら、かなり昔から存在して居て今でも「FTPといったらコレ」という人も多いアプリなのだが・・・

Macでは使えません!

という事に触れてくれないのですよ。

困った事に、Macユーザーというのは初心者とそれ以外の乖離が異常に激しく、慣れたMacユーザーにとっては、正直、FTPなんぞコマンドで良いじゃん?アプリ?あると楽ね・・・

という次元になりかねない。

正直に言って初心者Macユーザーというのはipadで良いよね?という利用しかして居ないのが実情だろう。

(ブラウザとメーラーくらいしか利用して居ない感じ)

さて、そこでだ。

正直な話、Macをキッチリ使うにはある程度の知識がないと性能の無駄遣いになるというのが実情として、では、諦めてWindows機を買い直すか?といえば・・・

どうにかならないか?という話が出てくるので、題名の件「仮想化」という話になる。

スポンサーリンク



仮想化って何よ?

平たくいえば、Macの中に「WindowsPCがある」フリをさせること

混乱を避けるためwinに限定して居ます

どうやって?

絶対に必要なものとしてWindowsのライセンス(利用権)です。

相談された事があったので、色々と他のサイトを調べたのですが・・・・

ぶっちゃけ酷い

仮想化をするためのアプリにだけ焦点を当てて居て、

Windowsのライセンスに関して、おまけくらいににか書いてないところがほどんどです。

このライセンス+仮想化アプリ を利用して実現します。

絶対にやめましょう

Windowsを利用するためには「Windowsライセンス(利用権)」は必須です。

よく、ネットオークションやネットショップ等で、

ライセンスを利用するためのコード(プロダクトキー)を販売して居ます。

正直、安いです。

2000円程度でも手に入りますが・・・

ほとんどの場合、それはメーカー製PCNECDellなど)から剥がしたシールを利用して居ます。

これ、ライセンス条項違反です。

このシールに記載されているコードはOEMと呼ばれる「そのPCで利用する事」を前提として、

メーカー(NEC等のPCの製造元)がマイクロソフト(Windowsの発売元)とライセンス契約をして居ます。

当然、PCの製造メーカーですから大量に契約している上にマイクロソフトとしては自社製品を「ある意味セット販売」をしてくれるので、安価でライセンス契約をして居ます。

従って、このコードを別のPCで利用するのはライセンス条項違反になるので場合によっては罰せられます。

(安易に、自己責任で片付ける人が多すぎます)

当然、正規のライセンスではないのでサーポートも受けられません。

私は、仮想化の相談を受けた事があるのですが・・・

昨今のPCの販売価格を考慮すると、正規のWindowsライセンスを購入するなら

安いWindows機と二台持ちの方が良くない?というのが実情です。

それでも仮想化したい!

とはいえ、二台持ちは現実問題としてデータ(ファイル)のやりとりなどを含めて面倒な事も事実なので、

やはり仮想化という案も捨てられないでしょう。

・・・と、いう事で、このカテゴリの次のお題は、

「仮想化して見よう!(できるだけ安価で)」とする予定です。

まだデータがありません。